顔脱毛は痛みについて

顔脱毛

最近、脱毛サロンやクリニックで脱毛する人が増えていて、芸能人はもちろん一般人でも男性女性問わず脱毛経験がある人が増えてきました。もはや脱毛はブームというよりは化粧と同じように身だしなみの一つになりつつあります。

そんな脱毛、だいたい最初は腕やワキ、足などを脱毛する人が多いのですが、脱毛をするにしたがって顔を脱毛するという人も多くなりました。顔を脱毛するというと男性の髭脱毛がありますが、男性だけではなくて女性でも顔を脱毛する人が多くなっているんです。

その理由は、女性でも髭が生えてきている人が増えたからです。今の時代は女性社会と言われているように、どんどん女性も社会に進出しています。

それは素晴らしいことなのですが、同時に女性も男性と同じように社会に蔓延しているストレスに晒されるようになります。すると、女性もホルモンバランスが崩れて髭が生えてくることもあるのです。

さらには、女性の場合は顔脱毛することによって化粧のノリが良くなるというメリットがあります。産毛でくすみがちだった顔の印象がガラッと変わるので、女性でも顔脱毛する人が増えているというわけです。

ただ、顔脱毛してみたいけど顔脱毛に踏み切れないという人もたくさんいるようです。その理由は、たいていが顔の脱毛の痛みが怖いというものです。脱毛は痛いというイメージがあり、顔にレーザー照射したりフラッシュ照射したときに強い痛みが襲ってくる可能性が怖くて顔は脱毛していないという人がいるのです。

顔脱毛は痛みを感じやすいが問題ない理由

では、実際のところ顔脱毛は痛みが大丈夫なのかですが、結論としては脚や腕などを脱毛するよりも痛みを感じやすいと言えます。なぜかと言うと、顔は肌の中でも敏感なところだからです。

刺激に対しても弱い人が多いので、他の部位を脱毛するより痛みが強いのです。ただ、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛の痛みというのは、昔の一般的な脱毛方法だったニードル脱毛に比べて格段に痛みが少ないです。

つまり、顔の脱毛と言っても我慢できないレベルではありません。脱毛をしているうちにムダ毛もどんどん少なく薄くなっていって痛みも軽減されますから、そこまで痛みに対して神経質にならなくても大丈夫です。

とはいえ、痛みに弱い人にとってはレーザー脱毛やフラッシュ脱毛であっても痛いには変わりありません。顔の脱毛はやはり不安だと思うかもしれません。でも、そんな人でも問題ありません。その理由は、ほとんどのクリニックや脱毛サロンでは痛みに対する対策を考えてくれているからです。

例えばクリニックで顔をレーザー脱毛するのが不安だという人でも心配がないように、笑気麻酔に対応しているところがたくさんあります。笑気麻酔は鼻から麻酔成分を吸い込む麻酔で、歯医者さんでもよく利用される麻酔です。

さらには脱毛サロンでも、依頼すれば脱毛クリームを塗ってくれたあとに脱毛してくれるところもあります。これらの脱毛方法でもまったく痛みが無くなるという人は少ないですが、それでもかなり痛みを軽減できる対策になります。

ちなみにこれらの笑気麻酔や脱毛クリームなどは、脱毛毎に有料になってしまう場合もあります。もしも顔の脱毛したいけど痛みが不安だという人は、事前に笑気麻酔をしてくれるのか、脱毛クリームに対応してくれるのかなどを聞いておくのがベターです。

また、脱毛時の痛みというのは各脱毛サロンやクリニックなどが使用している脱毛器によっても違いがあります。痛みがどんなものかを知るには無料カウンセリングに行くことです。

無料カウンセリングでは、だいたいの場合は脱毛器で試し打ちをさせてもらえるので、比べてみて痛みが少ないところを選ぶのがオススメです。